デスノート 映画 6冊

Feby 8, 2020
デスノート 映画 6冊

デスノート 映画 6冊

『デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画。丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。

あの事件から10年――新たな6冊が、拡散する。映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト。

 · 名前を書かれた者は必ず死ぬ、という”デスノート”を巡る争いから10年。6冊のノートを巡る争いはどうなったのか?ユーザーの感想も交え、キャラやストーリーなどネタバレを含みつつ映画の内容を追っていきます。

今回の映画化を決定づけたのは、原作にあるデスノートの“6冊ルール”だという。それはコミック9巻に「人間界で同時に存在していい ...

映画「デスノート」続編製作決定!“6冊ルール”軸に新たな天才たちが激突. 2015年9月13日 23:30

えっ、いつの間に!?状態である。そもそも6冊のノートを使った話を一本の映画にまとめあげるのは土台無理な話で、時間の都合で駆け足ぎみに複数のノートを集中させるような展開になるのなら、物語的に「6冊ルール」の必然性を感じない。

「6冊」は、「人間界で同時に存在しても良いデスノートは上限6冊、ただし死神自身が所有するノートはその数に入らない」というものです。

デスノート 映画 6冊