ナルト 心の傷 小説

Feby 8, 2020
ナルト 心の傷 小説

ナルト 心の傷 小説

 · "打ち砕かれた心 後編" is episode no. 2 of the novel series "ナルト暗部設定". It includes tags such as "NARUTO", "暗部ナルト" and more. 最後の止めを刺そうとした時 ガッ 手首を何者かに掴まれ 「そこまでだ!」 やっと見つけ駆けつけたミナト達だった。 「オレの大事な息子を返して貰うよ。

「ナルトさん?」 「俺はもう行かなきゃな、じゃあ!」 謎めいた脅威が森のほうからものすごいスピードで近付いてくる。確実に自分よりつよいのがすぐにわかる。にげなければっ 「ナルト兄ちゃんっ、」 「ナルトさん!」 九尾、チカラを使うってばよっ!

NARUTO小説100users入り ... そう、全てはナルトの為に。 改めてそれを心の中で誓ったシカマルは任務へ向かうナルトに優しく口付け、笑顔で送り出すと自らも任務へ向かった。 ... 影分身は本体の力量により違いは有るものの、通常は何らかの傷を受けると瞬時 ...

だが彼は迫害を受けており、その心の傷は相当深いものであった。 ナルトの心は真っ二つになる直前であったことに、本人を含めて誰も気づいてはいなかった。 心無い大人のたった一つの言動が引き金にな …

ナルトの痛みは、こんな生易しいものではない。 けど、心の傷は治らない。 治ったとしても、何かがきっかけでぶり返すこともある。 見事にこの子たちは、ナルトの傷を再生不可能にまで引き裂いてくれた。

「顔の傷以外はたいしたことないけど、顔の傷は残っちゃうかもね? まぁ命に別状はないし、さっきからそこで元気そうにお菓子を食べてるよ」 綱手は自分の足元を指さすと、嬉しそうにお菓子を頬張るナルト …

心の中で言葉は洪水のように溢れるが、何を言っても今この場で身も心も傷付いてズタボロの子供を前にして無効になる気がして、つまり、オレはおまえの担当教官なんだからとかなんて、あとから取って付けたような言い訳しか思い浮かばず、カカシは ...

真っ直ぐな心で…温かい空気をくれるこの子に。 上手く伝えられない思いを…受け取ってくれる金色の空気を纏ったナルトに。 「怖い夢を見るのは…良い事だそうだ」 俺の言葉にナルトは顔を上げる。

波風ミナトがイラスト付きでわかる! 波風ミナトとは、漫画「NARUTO」の登場人物。 息子のためなら死んだっていい…それは父親でもできる役目だ… ん!プロフィールだよ! |^誕生日|1月25日(中の人と一日違い)| |^星座|みずがめ座| |^血液型|B型| |^身長|179.2cm| |^体重|66.1kg| |^好きな食べ物|妻・クシ ...

もっともナルトが耳にしたのは白の最後の言葉だけだ。しかしながら、君麻呂が常々悔やんでいる過去を回想させる内容に、彼は秘かに眉根を軽く寄せた。ただしその際、ナルトが心の内で抱いたのは、仕方ないなぁ、といった軽い感想だったが。

ナルト 心の傷 小説